紙バンド(クラフトバンド)網代編みの編み方の法則の見つけ方

紙バンド(クラフトバンド)で網代編みを編みたいな、と思っても、難しそうなイメージがあるという方もいらっしゃいます。

また、実際挑戦してみると、なかなか法則がわからずに、頭を使うという方もいらっしゃいます。

一番簡単なのは、こんなふうに階段を見つけることなんですが

クラフトバンド網代編み

階段が見えない方や、ずっと階段を作っていくことが大変な方もいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのが、同じことを繰り返す方法。

2つ飛ばしの網代編みは、4本で1つの模様
3つ飛ばしの網代編みは、6本で1つの模様になっています。

クラフトバンド波網代編みバッグ

上の写真で説明すると、左から6本目のところにある、ピンク色の破線で1模様になっています。

なので、ここまでをがんばって通すことができれば、次のバンドを入れる時は、左から1本目の入れ方と同じようにいれ、その次のバンドを入れる時は、左から2本目の入れ方と同じように・・・と入れていけばいいのです。

そして、次のピンクの破線のところ、つまり左から12本目で1模様できるので、次からはまた1番左端と同じ模様で、というのを繰り返していきます。

はじめの6本を通すのが大変かもしれませんが、ずっと1段づつずらして階段をさがしていくよりも楽に入れられると思いますよ^^

網代編みが苦手だな、と思う方は試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です