レッスンで教えるとなると・・・

トリリアムメソッド(R)アカデミーも、中級になるとご自分で底を作って持ってきていただきます。

もちろん強制ではなく、心配なこと、不安なこと、あらためて聞いてみたいこと、などがある方は、レッスン中に作ってもらってもかまいません。

クラフトバンド 引き返し編みの編み方

底はお家で作ってきて、仕切り作りから始めたOさんは、先生になるのが目標です。

“編みはじめはどこからにしますか?”という質問に理論的には正しい場所を答えてくださいました。

ただ、先生としてレッスンで教えるとなると、理論的に正しいだけでなく、編みやすさも重要です。

編み方を覚えるだけでなく、先生となった時に、教えるポイントも習えるのがトリリアムメソッド(R)アカデミー(講師養成講座)のいいところ。

自分で作れるのと、上手に教えられるのは別のことなんです。

アカデミーでは、わたしが13年間の講師生活で得たことを、ぎゅぎゅぎゅ~っと詰め込んで、受講者さんに惜しみなくお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です