上達が早い方の特徴

7月から取り組んでいた仕事のゴールが見えてきました。

まだまだ細かいことは残っていますが、ゴールがうっすらと見えてきて少しホッとしています。

紙バンドのことを知らない方に、知っていただけるきっかけとなるであろうこのお仕事。

ずっと、この部分がわたしにとっての課題だったので、1つステップアップできた気持ちです♡

かんたん シンプルな編み方で、かわいい紙バンド作品ができる♪ 村上秀美です。

トリリアムメソッド (R)アカデミーには、紙バンド経験者さんもいらっしゃいますが、全く初めてさんもいらっしゃいます。

アカデミーで学び出して、上達が早い方は特徴がありますので、今日はその特徴をお伝えしますね。

クラフトバンド名古屋教室体験レッスン

上達が早い方の特徴は、「素直なこと」

わたしがお伝えしたことをそのままやってくださいます。

「紙バンドを今まで触ったこともない」という方は、余分な先入観や経験がないので

言われたことを素直にやってくださる方が多く、上手に仕上がりますし、上達も早いです。

逆に、経験者の方で自分であれこれ考えてしまう方は、残念ながらなかなか上達しません。

せっかく習いにきているのに、わたしがお伝えしたこととは別のことをしてしまうので、上達しないんです。

もちろん、経験者の方でも「素直に言われたことをやる」ができる方は、上達が早いです。

同じように、「わからないことは素直にわからないと言えること」も大切です。

わかった気になって、なんとなくこうだろうとやってしまう。

今更聞くのは、恥ずかしい。

これも習う意味がありません。

人って、忘れるから生きていけるらしいです。

だから、忘れるのは当然。

わからなくなったら、その度に聞いてください。

「ここ、前も教えてもらったんだけど・・・」と言いながら、同じことでも何度も質問してくださる方は、確実にだんだんできるようになっていきます。

何度も繰り返して学ぶことで、正しい技術が身についていくのに、「わからないことをわからないと言えない」と、繰り返して学ぶ機会がなくなってしまいます。

トリリアムメソッド (R)アカデミーは、紙バンドを基本から丁寧に学んでいくカリキュラムです。

上達する近道をお伝えしているので、お伝えしたことをそのままやっていただくことで、

未経験の方でもいつの間にかご自身で満足できる作品が作れるようになれます。

紙バンドを基礎から学んで、上手になりたい方は、体験レッスンにいらして下さいね。

こちらの記事もおすすめです
探究部第2回目
無料特典もご活用くださいね
たくさんの六つ目華編みのバッグが完成しました
クラフトバンド講師養成講座
紙バンドが上達する人 5つの特徴
必ず褒められる!六つ目華編みの作品紹介
六つ目編みができるようになるメリット