エコクラフトバンドの本にのっているのは、かごやバッグの編み方ですが、アカデミーでは編み方以外のこともお伝えしています

先日、オンラインサロンのレッスンで、丸編みの編み方をお伝えしました。

4本で編む丸編みは、アカデミーのレッスンでお伝えするのですが、それより、太い丸編みを作りたい場合はどうしたらいいか?

と言うことから派生して、6本で編む場合の編み方をお伝えしました。

4本で太い丸編みを編もうと思ったら、単純に編みひもを太くするだけでも大丈夫ですよ^^

エコクラフトバンドオンラインサロン

その時にメンバーさんから言われたのは

  • 本で見ても、ちんぷんかんぷんだったけどこれなら、わかりやすい~!
  • すごく分かりやすかったです! 
  • 生徒さんにこうやって教えればいいんだ!と教え方の参考にもなりました。
  • そういうことか❗と終わってから気づいて、8本でも作ってみました。

などなど。

教える仕事をしていて、こんなにありがたい言葉はありません。

エコクラフトバンド丸編みの編み方

でもね、本がちゃんと書いてないわけじゃないんです。

本は、きちんと手順を追って書いてくれてます。

そう、本に書いてあるのは手順なんです。

なので、その通りやればできるはずです。

でも、やり方(手順)を、ずっと追っていかなければ編めない。

本を見て、自分の手元を見て編む

本を見て、手元を見て編む

あれ?違う??

本を見て、手元を見て編んで・・・

「あ~ わからない!!」

となってしまいます。

わたしは、手順もお伝えしますがどこを見たらいいのか、と言うことをお伝えしています。

構造を理解すること と言った方がいいかもしれません。

  • このひもとこのひもの関係はこうなってるよね
  • つまりこうなってたらあってるよ
  • こうなってしまった場合は、ここをこっちにかえれば大丈夫だよ

“これをこうして、次にこうして” という手順だけではなく、このような内容をお伝えしているのです。

これは、アカデミーのレッスンでも同じことです。

そういうポイントを押さえてわたしもお伝えするし、受講生さん達も、手順でない部分も学んでくれているので

ただ編み方を習って、編めるようになるだけのレッスンとは、身につき方も、理解力の深まり方も違うんだと思います。

なので、6本での編み方を学べば、8本での丸編みも自分で考えて編めるようになります。

実際に、こちらの認定講師さんは、自分で考えて編めたとブログでもおっしゃっています

そして、ご自身がそういうふうに学んできた認定講師さん達は、きっとご自身がレッスンをする時にも、自然と同じように伝えていると思います。

だから、トリリアムメソッド(R)認定講師さん達のレッスンはわかりやすく、人気があるんですね。

日本紙バンドクラフト協会トリリアムメソッド(R)アカデミーでは

きれいに作るためのちょっとしたコツから教え方まで、基礎からていねいに学び

自分で考える力を育てます。