ボンドの秘密

紙バンドクラフト(クラフトバンド )を作る時に必要なボンド。

色々な種類があるので、どれを使えばいいのかわからないですよね。

また、逆にどれでもいいんじゃない?と思っている方もいらっしゃると思います。

今日は、ボンドって、どれも一緒ではないんだよ、というお話です。

一般的に、文房具屋さんやホームセンターなどで手に入りやすいのがこの2種類のボンドだと思います。

クラフトバンド ボンド

いきなり、話が逸れますが・・・
実は、“ボンド”というのは、コニシ株式会社が製造・販売する合成接着剤のブランド及び商品名で、登録商標です。

なので、他社のものは、本当はボンドではないんです。

でも、日本では合成接着剤のことをいう時は、、ボンドって言いますね。


バンドエイドが絆創膏のことをさすように。
そういえば、カナダでは、ティッシュペーパーのことをクリネクスって言ってました。

で、今日はそんなことをお話したいんじゃなくて、普通のボンドと速乾のボンドの違いです。
(今回は、合成接着剤のことをボンドと書いていきます)

ボンドは、速乾のものと、普通のもの2種類ありますが、いったい何が違うんでしょうか?

それは、酢酸ビニル樹脂と水の構成比だけ、だそうです。
水分の含有量が低いほうが乾燥が速いということで、速乾の方が水分が少なくなっています。

では、紙バンドクラフトには、どちらが適しているか…
わたしは、速乾をお勧めしています。

クラフトバンド 下敷き

理由は、早く乾くからです。
ボンドというのは、塗ってすぐよりも、乾き始めるころが一番しっかりくっつきます。

普通のものでは、くっつくのに時間がかかるので、次の作業になかなか移れません。
移ったとしても、くっついていないので、ずれたり、とれたりします。

以前、ある受講者さんが、
「わたしは上手にできないから、失敗したらすぐはがせるように普通のものにしてます。」
と、言われました。

実は、コレ、逆なんです!
上手にできないからこそ、速乾を使って、早くくっついた方が次の作業がしやすいんです。

ボンドが固まるには、静かにおいて1~2時間、完全にくっつくのは、12~24時間かかるそうです。

紙バンド(クラフトバンド)を作っている途中で、完全に固まって、とれなくなった、ということはありません。
(前のレッスンから1カ月そのままだった、という場合は別ですよ)

それよりも速乾性ではないボンドを使っている方が、作っている途中で「くっつきませ~ん!」「あっ、はがれちゃった!」という感じで作業が進まなかったり、作業がやりにくかったりして、上手にできないと勘違いしていることの方が多いです。

これって、ちょっともったいないですよね。

「なんか、やりにくいな」「どうしてくっつかないのかな?」と、思ってるあなたは、一度ボンドを確認してみてくださいね。

他に、こんなボンドもあります。
これは、先が細くなっているので、細かいところにもそのまま塗りやすいです。

クラフトバンド のボンド

こちらも、1本で太塗りと細塗りができます。

わたしの感覚ですが、このボンドは、成分が少し濃いのかな?くっつきやすい気がします。

こちらは、わたしの協会のスターターキットでもご紹介しています。

今回紹介した他にもコニシの木工用ボンドプレミアムとか紙用とか、手芸メーカーからでている手芸用などボンド(合成接着剤)もいろいろな種類があるのでいろいろ試してみてくださいね。