自己流でクラフトバンドを作っていて、最後の始末がわからず困っていたUさんが体験レッスンにご参加くださいました

先日、体験レッスンにご参加くださったUさんから、ご感想をいただきました。

体験レッスンを受けようと思った理由や経緯を教えてください。

Uさん

知り合いの方から、一度かばんの作り方を教えていただき、それ以降は本を見ながら自己流で作っていました。

でも、ゆがんだり、最後の始末の仕方がわからなかったりと困っていました。

メールで体験ができると知り、伺いました。

東京クラフトバンド教室体験レッスン

受けてみていかがでしたか?

Uさん

楽しかったです。

ちょっとしたコツやヒントを教えていただきました。

また、センチ単位をあまり気にしなくても良いのだと知り、今まで定規を握りしめて作っていたので、少し楽に作ろうと思います。

代表理事 村上秀美

Uさん

体験レッスンにご参加くださり、ありがとうございました。

定規を握りしめて作っていたんですね。

体験レッスンでは、1周づつ計らなくても、きれいな作品ができましたね。

クラフトバンドは、ポイントさえ押さえれば、わたしのようなきっちりしていない人でもきれいにできます。

これからは、楽しみながら作ってくださいね。

本を見ながら自己流で、クラフトバンドを楽しんでいる方も多いと思います。

Uさんもそうだったのですが、きれいに作るためには1周1周、周りの長さを計らないといけないと思って、計りながら作っていたそうです。

でも、そんなことをしなくても、ちょっとしたポイントを押さえれば、きれいに作れます。

自己流で作っていて、自分で満足できる作品が完成できるといいのですが、何が悪いかわからないけど、なんだかイマイチ。

わからないところがあるけど、聞ける人がいないから適当にごまかす。

こんな方は一度、体験レッスンにいらしてくださいね。

きっと、その後の作品作りが変わりますよ^^